読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒は飲んでも呑まれるな

ジャニーズの関西方面7人組にでれでれしてる人の備忘録

アルバム「なうぇすと」感想

定期的(かなり不定期)に訪れる文章書きたい症候群が発症したのと、語彙力向上と、ジャニーズWESTへの溢れる想い(重い)のはけ口として、軽率にブログ開設とかしてみてしまったので初めに個人的名盤!大好き!死ぬまで聞ける!と思ってるジャニーズWEST最新アルバム「なうぇすと」について吐き出したいと思います。

 

以前ブログを作ったとき、1エントリーに全力注ぎすぎて3ヶ月で更新止まった前科があるので、最初で最後のエントリーになったらごめんなさい。(クズ)

 あとこれは100%自分のための吐き出し作業なので、色々と目を瞑っていただけると幸いです。言うまでもありませんが主はただのイチジャニオタです。更に言うとWESTに関しては新規のペーペーですm(__)m

 

 

※アルバム「なうぇすと」の感想がメインですが、同タイトルアリーナツアーについても触れています。ネタバレにご注意ください。

 

 

 

 

 

 M01.Unlimited

イントロがなくサビから始まる歌い出し。アルバムの1曲目CD再生して最初に聴こえる音が重岡くんの声から始まる、アルバム「なうぇすと」

色々と事前情報で期待はしていた、そもそもWESTのアルバムって時点でうっきうきわっくわくでCD再生してはいるんだけど(オタクの基本)

歌い出しのしげちゃん聞いただけで、「あ、このアルバム好きだ」って感じました。

重岡くんはジャニーズWESTのセンターですが、あのちゃらんぽらん(いい意味で)なキャラクターから日常的にセンターを感じることがあまりなくて(いい意味で!)

でもこうやってアルバムの一発目にしげちゃんの声が聴こえると、あぁ、この人はこの先もずっとWEST不動のセンターであってほしいなって強く思う。センターしげちゃんがとてもしっくり来る。

曲自体もとても前向きで挑戦的でまさに今、芸能界で上を目指して突っ走ってるWESTそのもので、そのグループの真ん中でいつも6人を背負って最前線に立つしげちゃんにはぴったりの歌割りだと思いました。ちゃらんぽらんだけどね(いい意味で!!)

 

 正直、歌詞はもう全部が好き。

好きな歌詞抜き出そうかなと思って改めて歌詞カード見ながら聞き直したら泣きそうになったぐらい

終始、強気で全力で上しか見てない、今の彼らにぴったりで今の彼らがこれを歌ってくれる事にまた感動する力強い歌詞。

濵ちゃんの“Stand up!! Here we go!! Now take it go the top”以降のブロックが特に好きかな。

 

5年後、10年後も歌い続けて欲しい1曲です。

個人的には照史くんがアルバムで一番好きな曲に挙げてるのがとてもぐっとくる

 

 

M.2 いま逢いたいからしょうがない

最初タイトルだけ見たときは、どれはどっちなの?おふざけ?アイドル?って期待感凄かった1曲です。(笑)

 

まずは歌詞で遊んでいるのがとっても面白い。

ドキドキドキドキを"dkdkdkdk"、マジマジマジマジを"mjmjmjmjmj"と表記してるところから既に楽しい(笑)

いいんじゃない= In the Night 「しょうがない」で韻を踏んだサビパートとか、たまらん。

 

曲を聞いて、タイトルを見たとき最初にどっちなの?ってなった期待感は「可愛い!!!!」の一言に落ち着きました。(オタクちょろい)

アルバムを通して聞いてるとわりと流してしまいがちな1曲なんだけど、腰を据えて聞くと

抱きしめたいのさ」(照史、神ちゃん、望)とか「このままGood 夢見せて(今度はGood離さない)」(濱ちゃん、しげ、流星)、「分かるでしょ???」(望、淳太)、「欲しいでしょ???」(照史)・・・・って

(※歌割り間違えてたらごめんなさい)

パフォーマンスで見たい歌詞がありすぎてて結構しんどい。どんな顔して歌ってくれるんだい!的なオタクの欲がむき出しになります。

 

なうぇすとツアーでは、初日こそセトリ漏れしましたが、(これだけ唯一京セラでもなうぇすとでも選抜落ちしてた)*1

初日終わってからのオタクの落胆ぶりが届いたのか?(たぶん尺の問題w)横アリ2日目からはECのお手降り曲として追加。

パフォーマンスが見たかったところあるけど、曲の始めに毎度淳太くんから「なんで今この曲を歌うかって?みんなに今逢いたいからしょうがないからに決まってるじゃないか〜!」(ニュアンス) 的なとても可愛いことを言ってくれるので現状満足してます(笑)

それ言ってるときの淳太くんのお顔が本当に可愛い。これは本当に可愛い。

 

 

M.03 エエやんけェ!!

パラパラ曲。ジャニーズWESTのお決まりソング。この辺からこのアルバムとても楽しくなってきます。座って聴いてちゃもったいないゾ☆

 

男性7人グループなのに、女の子パートと男の子パートに分かれているという斬新さに加え女の子パートはプロの女声ではなく、まさかのメンバーが裏声(?)で女の子になりきってくれます(笑)

ファンにはわりと通常運転だけど、 これWESTを知らない人が聞いたら衝撃だろうね・・・これジャニーズの曲?って言うと思う、私なら言う。

女の子パートを担ってるのは桐子(照史)神子(神ちゃん)こた子(望)。

この女の子チームは声だけでもう可愛いから悔しいです。器用すぎかよ。

桐子ちゃんの粘着質束縛系彼女み溢れた声色が好きです、絶対この子メンヘラだよ。

 

そしてコンサートでは確実に楽しい客向け手振りまで用意してくれているので、コンサート後に聞いたらどこにいても無意識で手が動くのは必然。

女の子チームのカメラアピールも可愛い、、、女の子チームの話しか出てこないな(笑)桐子ちゃんだけちょっと肉弾!って感じでアレだけど(語弊ある)

 

 

M.04大阪弁ら〜にんぐ

はい、これも楽しいやつ。学習系ソング*2というらしいのですが正直そのワードからして何それ?だよね。わかる、何それ(笑)

聞けば分かるけど、タイトルそのままその通り、大阪弁を教えてくれる曲です。

CDでは、結構なアドリブでメンバーのガヤが要所に詰め込まれてます。聞き慣れるまで周りに人がいる場所でイヤフォンで聞くのは自殺行為です。笑ってしまって即刻不審者になります。

 

しげちゃん<(チッ)あいつイキっとんな(チッ)、最近(チッ)

淳太くん<おい、なんやこれ、ちゃんとやらへんかい

 

のくだりが個人的にツボすぎて何度も電車内で不審者になりました。

色んなところでみんなが細かいボケをたくさん入れているのでイヤフォン推奨したいです。そして、あんなに笑いを堪えるのに必死だったこの曲も聞きすぎて気付けば、電車で真顔で聞いてる自分がいたので、慣れって怖いなと思いました。(感想)

 

これもコンサートでは手振りがとても可愛いので一緒にやりたくなる。

あと歌詞通り、セイッ!って煽られて例文を言わされるんだけど難易度高すぎてヘラヘラ笑ってやりすごしてます。

 

 

M.05 I got the FLOW  vo.神山智洋 藤井流星

エエやんけェ、大阪弁ら〜にんぐと来て、ここで同級生コンビりゅかみちゃんユニット曲!!!

WEST全体に総じて言えることなのですが、この人達振り幅広すぎて耳キーンが止まらないです。しんどい。好き。

 

とにかくカックイイ!!!!

グループではラップを担当することも多い2人が2人の好きなジャンルを好きに歌ってみましたって感じの、音と曲を重視したかなりイケイケでノリノリで爆音で聴かずにはいられないパリピ曲!

神ちゃんの高めな声と流星くんの低い声のバランスがとても気持ちいい。

あと神ちゃんはもう声からギラギラ感*3が凄いです。

この曲は歌詞とかもう気にしなくていい、2人が作るウェイな世界に身を委ねてとことん2人に惚れる時間!と思っています。思う前にどろどろに溺れていますが。

そしてこの曲、3:06とアルバムの中で一番短いです。疾走感とアゲアゲ感(語彙力)を感じるのにちょうどいい尺だとそこもまた好きな部分。

 

この曲に出会ってから何かと緊急事態が起きたときは「YABAIZO!!!」って言いがち。

この手の曲が見るからに好きそうな淳太くんがお風呂場で「上がった風呂〜♪」ってやってる現実は最高にYABAIZO。

あとこれコンサートでの演出が最高でした、それは後ほど。

 

 

M.06 You're My Treasure

刺激的Yongの興奮冷めやらぬまま、ここでバラード曲。この並べ方もとても好き。耳キーン(2回目)

 

この曲は望くんの甘々ボイスから始まります。甘い。

Ha...Miss you girl...

I rememger you...

You are the only one, You know?

 歌詞と望くんの優しい甘い声がぴったりのなんの。この時点で、好き!ってなりました。

望くん曰く、この曲は「今風のR&Bのバラード」らしい(R&Bの知識がありません、すみません)本人も好きな曲に挙げてるけど、分かる。合っているもの望くんの声と!って、序盤でオタク荒ぶりました。

 

個人的な印象ですが、濵ちゃん・望くん・流星くんのソロパートが多いように感じる?

この3人の優しい歌い方と曲調がぴったり合っていて、もちろん7人とも曲に合わせて歌い方は変えてるんだろうけど、特に上に挙げた3人の声が印象的で好きです。

 

脱線しちゃうけど、曲を聞くとき個人的には歌唱力よりも表現力がある歌い手さんを好む傾向にあって、特に「アーティスト」とはちょっと違うジャニーズアイドルには「表現力」を強く求めがちです。

ジャニーズの数あるグループの中でもジャニーズWESTは個々の歌唱力がとても高い方だと感じているけどそれ以上に「表現力」にとても期待していて、

また一段と聴かせてくるようになったな〜と何様ながらも感じたのがこの曲で、さっきの3人。音程が取れるかじゃなく、情景が見えるか。その辺は役者のお仕事も勢力的にこなしてる流星くんがとても上手いように感じています。(だからもっとソロパートください笑)

 

3人だけじゃなくもちろん7人ともとても大切に歌っているのが伝わります。

曲が進むにつれ歌詞に合わせて声が明るくなっていく、とてもプロ><って、ぎゃんぎゃん言いました。(?) 

 

しげちゃんの"遅すぎだって 笑われちゃうかな"の歌い方もとても好きです。さすが大友くん。*4

 

一度離ればなれになった恋人が最後にはまた一緒になれてる歌詞にもホッとする。

Ha...Love you girl...

Baby kiss for you...

You are the only one, You Know?

 締めの望くんも言うことなしにかっこいいですね。たぶんアルバムの中で一番好きな曲

 です。ずっと聴いていたい。

 

 

予想以上に長くなってしまったので一旦ここできります。

続きは「アルバム「なうぇすと」感想(2)」エントリーにてお付き合い頂けると幸いです。 

*1:2016年12月24-25日 同グループ初の京セラドーム公演「24(ニシ)から感謝届けます」では同アルバムから「ボクら」「Colorful Magic」のみ披露

*2:他に、「3.1415926535」という円周率の曲がありますが、メンバーもファンも「3.14」と略して読んでいます。学習系とは。

*3:ラキセMC参照 ex.「PARTY MANIACS」ブラァッ!!!!

*4:重岡くん出演映画「溺れるナイフ」の役名。例に漏れず、大友くんに溺れたタイプのオタクです